資金繰りを理解しているかの判断

subpage01

事業継続のために月々必要なお金がいくらかという質問に対し、今月はいくら必要で、来月はいくら必要という明確な答えを即座にできるかどうかは、資金繰りをきちんと理解して経営しているかの判断材料になります。


資金繰りの悩みは、販売不振や営業要員などからも発生しますが、実は資金繰りの先行きが読めないことに漠然とした不安を抱えていることに起因しているのです。

おすすめのファクタリングのサイトが登場しました。

事業とは売り上げや利益があって初めて運営できると思っている人も多いですが、売り上げや利益がまったく上がっていなくても、使えるお金がある限り、会社は存続します。
逆に売り上げや利益があっても、使えるお金がなければ会社は倒産するものです。

つまり、使えるお金が無くなった時点で会社は終わりを迎えるのであり、これは資金繰りを理解するうえでの基本的な考え方になります。


そのため、お金は会社を運営するための血液やガソリンのようなものとよくたとえられるものです。



それがなくなれば、機能しなくなるのと同じように、会社を運営するにはどの程度のお金が必要なのかを常に把握しておく必要があります。


ちなみに、ガソリンでいうなら容量は車両ごとで決まっているものですが、会社にとって必要なお金の量というのは常に変動するということを理解しておくことが大事です。



そうでなければ、見通しが難しい中で、お金が尽きてはじめて危機的状況を理解するということにもなりかねないため、意識的に目を見張らせておくことが重要になります。