営業車の走る広告塔としてのラッピング

営業車の車両に広告がラッピングされているのを、よく見かけることがあります。

常時街中を駆け巡り、多くの人々の目に触れる存在で、顧客を目的地まで運ぶという本来の目的と同時に、走る広告塔という側面も持っています。車体のスペースの一部を、広告スペースとして貸与することで、貴重な収益となるのはもちろんのこと、デザインのインパクトによって、街の雑踏の中でもよく目立ち、顧客に営業車の存在を示すことができます。

営業車のラッピングの優良サイトならこちらで見つかります。

広告ラッピングの多くは、耐水性のステッカーで作られており、どこでも簡単に貼付できるものや、車両に広告専用のプレートが備え付けられているケースもあります。



比較的リーズナブルであるのと同時に、作業も短時間で済み、費用対効果の高い方法です。


リアであれば後続車のドライバーに対し、サイドであれば歩道に居る人々に対し、アピールすることができ、例えば、ドライバーに対してはカー用品、顧客に対しては観光地のお店など、それぞれのターゲットに合わせた広告ラッピングによって、より効果的なマーケティングを行うことができます。

駅前や繁華街など、人が集まる場所であればこそ、停車中にも多くの人の目に留まり、広告ラッピングの効果はより高まります。また、広告ラッピングのデザインのインパクトに惹かれることにより、営業車の存在にも気付けば、今度は営業車を利用して見ようという決断を促すきっかけにもなるという、シナジー効果も期待できます。