営業車のラッピングは「DIY」がおすすめ

営業車を使用している環境では、車体に社名やセール情報などを表示してコマーシャル活動を行う場合があります。


いわゆる「宣伝車」とは違い、営業車の場合は「取引先までの移動手段」としてのみ利用されている場合もありますが、せっかく会社の看板を背負って走っているわけですから、その時々の告知をラッピングで表示してしまうという方法は非常に効果的です。

自動車の塗装を行うとなれば手間がかかってしまいますが、ラッピングの場合は「貼るだけ」で完了します。

営業車のラッピング情報をピックアップしたサイトです。

もっとも、ラッピングを貼り付ける前にボディーについている汚れや油脂などを取り除く作業を行う必要はありますが、少なくとも塗装をするよりは手間が省けます。


例えば、営業車のボディーに車名や電話番号を表示している会社は少なくありませんし、一言程度のセールストークを表示している場合もあります。しかし、これは普遍的なものであることが前提となっている表示である以上、変更があった場合には「一からやり直し」になってしまう可能性があります。
電話番号など、一部分だけを変更して対応できるのであれば良いのですが、住所などが変更になった場合は大幅な変更が必要になることが多いため、「塗り直し」となる可能性が高いです。
当然、そうなるとコストがかかってしまうわけですが、ラッピングであれば「すぐに貼り直す」という選択が可能です。



費用に関しても、DIYならば数百円程度で済ませられる可能性もあります。